Grassroots Football League Chairman's

グラスルーツフットボールリーグ主宰が、明日のサッカー、今日のリーグ、昨日の飲み会を語ります
<< 少し違った目線で[:上向き:] | main | 平壌戦 >>
戦略なのか、戦術なのか、それとも。
世田谷のチームは、寄せ集めの、練習をしない、負けず嫌いの集まりです(笑)

体形は、3-3-3-1を採用しています。
理由は、各人の役割とプレイエリアをより明確にする為です。
ある意味、自由度を奪ってるわけですが、まずはディフェンス。
そう、各ゾーンでのディフェンスを主眼に置いています。
攻撃はだれもが好きな行為。自分の体力と相談しながら判断して攻撃してくれるでしょう。

勿論、このシステムに欠点はあります。

まずは、センターボランチに極端に負担をかけてしまうこと。
ここには、高野、長谷川といったキープ力があり、奪取力があり、ロングボールを蹴れる総合力のある選手を配置しています。運動量をチェックしながらうまく交替させていく。

そして、もう一つ、体型的にサイド攻撃に弱いこと。

しかし、実際の試合では致命的なシステムの欠点が露呈したことはありません。

ここに、私自身に意図がありました。
それは、現状を認識して、想定内でのことについてはさほど、大きなトラブルにはならないということ。
要は慌てないし、ストレスも溜めない。
仕事でも同じ、クレームや質問など多分言ってくるだろうなという想定内のことに関しては
冷静に対処できるし、ストレスも溜めることがないですよね。

よって、選手各々が、サイドがある程度やられることは、想定内。
そのあと、どうするんだ。というところに思考がいく。

これ以上、中に侵入させない、
ある程度の距離感を保ちながらパスやセンタリングにプレッシャーを最低限かける、
ゴール前のマークに、より注意がいくなど、
自分のカバーエリアを確認しながら、冷静に対処できたと思うのです。

試合中にでも、想定外のことが起こったとき
にチームが慌て、決め事が外されてしまって、混乱をきたし、
想定外な大敗したり、引き分けや辛勝の結果になってしまったりするんではないでしょうか?

よって、試合前の”想定”が、とても重要に思います。

相手がこう来るからというよりは、我々はこうだから、不測の事態を色々口にすることで
十分なマインドセットができるかと。

試合後に反省したことを言い放しではなく、必ず次の試合前にもういちど話することが大事でしょうね。


| Grassroots Chairman | - | 16:23 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
勉強になります。
| goro | 2011/11/10 7:53 PM |









http://grassroots-y.jugem.jp/trackback/73
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ ARCHIVES
+ Grassroots Football Leagueのロゴです。実際に存在する家紋を今風にアレンジしました。
+ 関西を中心とした企業チームのみのサッカーリーグ。あと、20年やる予定です。
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE